カワマンの不動産投資日記!!

サラリーマンが始める不動産投資

日本政策金融公庫にて融資面談


さぁ今日も元気に不動産!!!

金持ちになりたいサラリーマンです。

 

先日契約した群馬県の物件の融資面談に行ってきました。

 

お願いする金融機関は日本政策金融公庫の某支店。

公庫

財務省所轄の政策金融機関です。

国の政策の下、民間金融機関の補完を旨としつつ、社会のニーズに対応して、種々の手法により、政策金融を機動的に実施する。

という経営理念のとおり民間の金融機関よりも、中小の事業者などの支援的な意味合いで融資をだしてくれる期間です。

 

不動産投資の場合も、他行のアパートローンとは違い、不動産賃貸業という事業に対しての融資という意味合いになりますね。

 

日本の経済状況をよくする、というのも目標の一つに入ってるようで、さすが民間の金融機関よりも金利を低めに貸し出してくれています。目安としては1.9~2.9%ほど。

年収500万以下でも物件内容によっては融資がおり、融資エリアも全国に及び、さらには無担保枠というものが設定されていて、それぞれ2000万円までは無担保で貸し出すことができます。

融資貸出枠の上限は約7200万。一回の融資の目安は5000万程度だと思います。

他に公庫の特徴として、固定金利ということでしょうか。

世の中の経済状況で金利が変わる変動金利とは違い、リスクを抑えることができると思います。

 

 

デメリットとして一つあるとすれば、融資期間が短くなりがちです。

大体15年~25年ですが、25年出るケースはあまりないみたです。

具体的な金利や融資期間は公庫の支店や担当者によってかなりの差があるみたいなので、初めての場合は融資付けに長けている不動産仲介会社に紹介してもらうのが

一番早く、有利な条件でできると思います。

 

 

今回の物件はエリア的に、融資可能な金融機関が群馬銀行か県内の信用金庫、スルガ銀行などにかぎられていたなか、最も条件がよさそうだったのでした!!!

 

サラリーマン業を午後からにしてもらい、朝一で公庫の支店へ・・・

 

 

思っていたようなものとは違い、面談と行っても割とラフな雰囲気で、冗談もいいながらの話になりました。

 

形式的な質問のような、感じなんですが

 

なぜ物件を購入しようと思ったか。なぜ群馬県なのか。仕事内容や年収について。

 

あとは物件の中身についての質問を、仲介の不動産会社の担当者さんを交えて話していくような感じです。

 

 

どんなもんなのかと思っていましたが、貸す側もどっちかというと味方ですね。

 

 

条件さえ合えばなるべく貸したいってことでしょう。今回の支店の担当者さんは、年数と金利の目安を教えてくれました。

 

 

公庫担当者「そうですねぇ・・・20年で1,65%、たぶん大丈夫ですよ~」

 

カワ「!?!?!?!?!? (そんな安いの?)ほんとですか!!助かります!何割くらいの可能性でしょうかねぇ」

 

コ「んー・・・まぁ上司の期限が悪くなければ通りますよ!」

 

カワ「ほぉほぉ笑 (やったーー!!!うれしす!!) なんとか上司さんの期限を伺ってご機嫌なときに出してください笑」

 

こんな感じで、なんとなんと!!

17年の2.3%で返済計算をしていたのが突然20年の1.65%で諸経費分含めた額で借りられました!

年間の返済額で60万円ほどの違いになります!でかい!!

 

いや、でけー!!助かったー!!!

まぁ実際に決済、金銭消費賃借契約の日まで全く安心はできませんが、不動産会社の話によると、それっぽいこと言って結局そこまで出なかったっていうことがよくあるような担当者じゃないんで

 

ある程度安心して大丈夫ですよって!!!

 

 

いやーー!!

俺なんもしてないけど、よくわかんないけど!!引きつえーー!!

 

なにが起こったのかよくわかってないけどとにかく予定してた金利よりだいぶ安く借りられそうです!!

 

月末に決済予定なので、決定したらまた報告させていただきます~~!!!!!

 


不動産ランキング

押しちゃいましょ~

アクセス解析

無料で不動産の勉強ができる教材

0円から始める不動産投資

無料で勉強できるものはなんでも活用して、最初はガンガン知識を入れるべし!

興味はあるけど不安!!という方に!!あなたの状況に合わせて相談に乗ってくれます! まずは相談してみましょう。

不労所得2000万円になった会社員の真実

実際に家賃収入2000万円にまでなったサラリーマンオーナーの軌跡がわかるDVDです。

失敗しない為に!!現役不動産投資家に無料相談

不安な方へ!まずは現役投資家に実際に相談してみよう

      2017/06/20

 - 不動産投資の融資