カワマンの不動産投資日記!!

サラリーマンが始める不動産投資

滞納問題と猫ばあさん


いーち!!にーーー!!ふどうさん!!!だーー!!

 

くだらねー

 

はい。どうもです。

 

今回は、伊豆の国市物件で起きたいくつかの問題と、今のところの対応について書いてみたいと思います。

 

まず、5月中旬に、入居者の一人がこんなこと言ってます。と管理会社の方から連絡をもらいました。

 

「うちのさぁ~エアコンはねぇ~20年前からねぇ~変えてないのよ、こんなので夏過ごせっていうのかね!!干からびちゃうよ!!!干しばばあにする気かね!!」

 

と僕が直接話したわけじゃないのでそういったかどうかは知りませんが、3回ほど電話をもらっているとのこと。

どうしましょうかと管理会社。

確かに長く住んでいただいている方なので、エアコンも相当古いことが予想される。現に空室のエアコンを見ても、かなり古いシロモノであることは間違いない。

 

これは変えてあげたいんだが、一件了承すると、当然他の入居者にも対応を迫られることは容易に想像できる。

 

 

どうしたもんかと考えた結果、思い出したのが、太田の物件のガス会社。

 

先日ブログにも書いたが、実は太田市に所有している物件のガス会社を新しい会社に変更したことで、契約に対するサービスがついた。

 

内容はエアコン2台の設置と、ウォシュレットの設置。

不動産仲介の会社もかなりガンバって頂いて、とてもいい条件で契約ができた。

 

同じ要領で、ガス会社にエアコンをつけてもらえないものか

 

と思い管理会社に相談したところ、よく付き合っているガス会社があり、ガス料金も現在のガス会社より安くできる見積をいただいているとのこと!!

 

入居者にもお得で、エアコンもつけていただけるなら変えない手はないでしょう!!!

 

ということでガス会社にエアコン設置条件で、ガスの変更を手配しました。

 

 

現入居者の部屋で交換希望の家は最優先、空室の部屋は入居が決まり次第工事にとりかかってくれるそうです。

 

助かったーー!!全部屋エアコン取り換えなんてしたらエアコンで爆死するところだったぜ!!!

 

さてエアコン問題を乗り切ったところで次の問題。

 

 

管理会社の方が物件の様子を見に行った時に、たまたま入居者の方とすれ違い猫を抱えて家に入ったとのこと。

 

ん?この物件、ペット可だっけ?

あれ?と思って、後日、入居者に電話したところ

 

「え?普通に飼ってるけど?

今まで文句言われたことないよ。外の野良にも餌ブンブンあげてるよ!!」

 

僕が話したわけではないのでこう言ったかどうかは知りませんが、そういうことのようです。

 

うーむ困った。その方の話ではほかにも飼っている入居者がいるとのこと。

 

うむむ、しかもエアコンのばあさんと猫ばあさんは同一人物とな!!!

なかなかやるな笑

 

どう対応するか管理会社に問われましたが、多少家賃をあげてペット可にする選択肢も・・・

 

とのことだったが、立地的にもペット需要でそんなに決まりやすくなる場所とも思えないし、動物ありでただでさえ古い物件の

修繕費がかさむことも避けてかったので、そこは断りました。

 

今室内にいる猫は追い出すわけにはいかないので、目をつむるとして、外の猫に餌をやらない、これ以上増やさない、という条件で納得してもらうよう入居者に働きかけています。。

 

動物問題はなかなか深くて、糞や毛の汚れ、近隣への配慮など、なかなか対応することがたくさん出てきます。

 

これもいい勉強と思って、飼ってる方の気持ちを最大限組みながら一個づつ対処していこうと思います。

 

 

さて最後に、滞納じいさん問題です。

この方、物件を引きついだ際にも2か月分滞納がありました。

 

前所有者さんが、その方の滞納分を清算し、今後滞納しない約束をしてもらい、物件引き渡しに至りました。

えー、一言だけです。

 

・・・一か月目からかよ!!払ってくれじいさん!!

 

S__14713008

 

 

ではまた。

 


不動産ランキング

おもしろかったら押してみていいですよ~おねがいします

アクセス解析

無料で不動産の勉強ができる教材

0円から始める不動産投資

無料で勉強できるものはなんでも活用して、最初はガンガン知識を入れるべし!

興味はあるけど不安!!という方に!!あなたの状況に合わせて相談に乗ってくれます! まずは相談してみましょう。

不労所得2000万円になった会社員の真実

実際に家賃収入2000万円にまでなったサラリーマンオーナーの軌跡がわかるDVDです。

失敗しない為に!!現役不動産投資家に無料相談

不安な方へ!まずは現役投資家に実際に相談してみよう

      2017/06/20

 - 投資物件の管理