カワマンの不動産投資日記!!

サラリーマンが始める不動産投資

管理会社を選ぶ際、日曜日休みの会社はなるべく選ぶな


ども~  こんにちは

 

今日もゆるーくやっていこうと思います。

 

カワマンです。

 

GWは特にすることもなく、不動産会社も金融機関も休みだし、だらだらとして、あとだらだらとして、やっと起きたと思ったらだらだらしてました。

 

今日は管理会社の選定基準の一つについてです。

 

管理会社は日曜日休みのところはなるべく避けよう

 

さぁなぜでしょう?

 

これには、客付け会社(賃貸仲介会社)の内見の流れに起因します。

 

 

客付け会社は、賃貸希望のお客が来たら、まずは内見に行く候補を選びます。

まぁこれも実際に入店して、

 

「あの~部屋探してるんすけど~」

 

って来た場合などは一緒に探しますが、今はインターネットで、客が目星をつけていたり、来店なし電話で。〇〇の物件が見たい。

 

といった場合も多くあります。

 

なので、インターネット上のページは本当に大事ですね。

 

写真の見栄え、家賃や駐車場などの条件、あげているポータルサイトの閲覧度、SEO対策

 

で、話し戻して、内見候補が決まったら、次に行うのは

 

その物件の管理会社に連絡します。

 

ここで日曜日休みの会社だと連絡がとれずに内見が出来なくなってしまうケースがあります。

 

OMG!!  この機会損失は本当に痛いです。これは本当にもったいない。

不動産会社によって、定休日は様々ですが、特に大手の、福利厚生がしっかりしてる系の会社に多い気がします。

 

それはそれで安心材料ではあるんですが、このパターンは痛すぎるので、なるべく僕は選ばないようにしてるのと、賃貸仲介会社に客付け営業に行った際に必ず、管理会社が電話に出られなかったり、緊急の要件の場合は直接連絡してもらうように伝えてます。

※たまに嫌がる管理会社もあるので、事前に言っておいたほうがいいかも

 

ついでなんでキーボックスについてもですが、これは番号をしっかりと統一して、賃貸仲介会社に行った際、もしくは電話営業などの際に、現地に「キーボックスがあること」「いつでも内見可能なこと」を伝えるようにしましょう。

 

営業マンていうのは本当にそんなもんなんですが(僕も営業なんで) 「あの物件、初めて案内するけど、現地にキーあんのかな?管理会社に鍵受け取りだったらめんどくさいな~、鍵の場所がわかるこっちを案内しよ」  とかって思う人って絶対にいるんですよ。

 

出来る限りそういうもったいない機会損失をなくすために、伝えらっる情報は伝えておきましょう。

 

こういうのを少しでもなくすのに、訪問した際には営業全員の名刺をもらっておいて、メール一斉送信で声をかけるのも一つの手だと思います。

 

自分も管理会社と連絡がとれない

これはですね、僕がサラリーマンをしながらの大家ということもあるんですが、自分の休みが日曜日しかなくて、管理会社の休みも日曜日だと、平日の忙しい仕事の合間を縫って打ち合わせしたり、頼み事をしたりしないといけないわけですね。

 

これは意外と負担だし結構なストレスになります。ただでさえ売買物件の仕入れに奔走してたり、リフォームだなんだって連絡が来たりするのに、物件数が増えてくると、あの管理会社に連絡しないといけないけど、うわあそこ日曜日は休みだ~明日またかけよう・・・とか言ってると、それ忘れちゃったりします。

 

なにより、できるタスクを明日に残すってのは本当にモヤモヤしてだめです。効率も悪いし。

 

なので、日曜日が休みの管理会社は基本的にはちょっと避けちゃいます。

 

 

 

まぁ、確かに日曜日は休みたいよね…

 

つーか、ずっと休みてーわ

 

 

本日は以上です。また

 

 

 
不動産ランキング

おもしろかった、参考になった!!押してみてください~

アクセス解析

無料で不動産の勉強ができる教材

0円から始める不動産投資

無料で勉強できるものはなんでも活用して、最初はガンガン知識を入れるべし!

興味はあるけど不安!!という方に!!あなたの状況に合わせて相談に乗ってくれます! まずは相談してみましょう。

不労所得2000万円になった会社員の真実

実際に家賃収入2000万円にまでなったサラリーマンオーナーの軌跡がわかるDVDです。

失敗しない為に!!現役不動産投資家に無料相談

不安な方へ!まずは現役投資家に実際に相談してみよう

      2017/06/20

 - 投資物件の管理