カワマンの不動産投資日記!!

サラリーマンが始める不動産投資

ヒッチハイクは危険?旅人大家のヒッチハイクの教科書


こんにちは。

カワマンです。

 

まったく不動産と関係ありませんが、リクエストがちょっといくつかあって、ちょっと旅のことも最近書いていこうかな~と思ってます。

 

しかもいきなりヒッチハイクw

 

なかなかおじさんになってやろうかってならないかもしれないけど、何歳でも新しいことするのに遅いなんてことはない。

ヒッチハイク、かなり楽しいんで、よかったら

 

僕は20歳くらいのときにヒッチハイクで沖縄に行こうって企画をたてて、友達と行ったことがあります。違う場面でも何度かヒッチハイクをしてきました。外国でもちょこっと。今回の記事では、道中の旅路の記録ではなく、ヒッチハイクのコツと魅力について書いてみようと思います。

 

 

ヒッチハイク大家!いざゆかん!!

ヒッチハイクとは

ヒッチハイク英語Hitch hike)とは、通りがかりの自動車に(無料で)乗せてもらうこと。この方法ですることをヒッチハイキングHitchhiking)、旅行者はヒッチハイカーHitch hiker)と呼ばれる。

※Wikipediaより

ヒッチハイクのやり方

①段ボールかスケッチブックに行先を書いて通る車にアピール

まぁスタンダードなイメージはこれですよね!

これ、書き方にもちょっとポイントがあると思います

目立つようにでかめの段ボールに、大きい字で行先だけ書く

僕は黒いマジックしかなかったんですが、ちょこっとなら装飾してもいいと思いますが、あまりごちゃごちゃするとわけわかんなくなるので、シンプルな方がいいです。

長距離移動の場合でも、手前の地名を書く。(〇〇方面!とかでもOK)

長い場合、一気に距離を稼ぎたくなるんですが、あんまり先の行先を書きすぎると、対象の人ががっつり減っちゃいます。我慢して、半分とか、もっともっと手前の地名を書いておくと、意外とその先まで行く人も拾えたりします。一発を狙わず、コツコツ進むつもりで

持ってるだけじゃなくて、頭の上とかにあげて猛アピール

頭おかしいやついるな~の一歩手前くらいまでおかしな動きをしたほうがいいです笑

ぼーっと暗い顔してるやつより楽しそうなやつのほうが自分なら乗せたいから

↑北海道で、「北」と一文字書いたオーストラリア人を、こっちが乗せてあげたパターン!w

もうすでにここだいぶ北だよ!どこまで北行くんだよww と思いながらも乗せてあげました。

こんなちっちゃい段ボールでも止まる人ちゃんといるよ!

 

②指を立てて、まさにヒッチハイクポーズで待つ

まさにって感じだけど、これ一番厳しいと思います。僕はやったことないですw

ハリウッド映画とかでたまに出てくるような・・・手ぶらでいいから気軽にできるけど、気長にいける精神力の人向け。行先伝わんないし

③声かけて、直接交渉する

初めてヒッチハイクする人にオススメなのは完全にこれ!!

絶対に一番早いです。ただ、これをするには場所が重要!!

場所さえ間違えてなければナンパみたいなもんです!!どんどん声をかけるだけ!!

 

高速道路上のパーキングや、サービスエリアで声かける

高速道路まで行けてしまえば、もうこっちのもん。バリバリ声をかけていきましょう。トイレ前とかで待ち伏せして、出てきた人に声をかけていくのがいいかも

 

行きたい方面の車線のコンビニの駐車場

ちょっと都心部から離れると、コンビニにはほぼ駐車場がついています。ここで降りてきた人に猛アタックをかまします。

コンビニなんで、近所の人が多いイメージかもしれませんが、意外と長距離走る人もいたり、わざわざ隣町なのに高速に乗ってくれて、一番近いパーキングまで連れて行ってくれる人もいました。

沖縄で乗せてもらった人は、ノリよくのっけてくれたんですがなんとコンビニでオリオンビ〇ルを買ってガブガブ飲んでました💦

下道の場合はこれが一番成功率が高い場所だと思います。

 

高速道路の手前の交差点付近などで止まってる車に声をかける

これ、結構難易度が高いんですが、都会で降りてしまって高速道路に乗りたいときって、これくらいしか手段がありません。

名古屋駅の周りから名神自動車道に乗りたくて、IC手前で声かけたときが一番きつかったです・・・3~4時間かかったかなぁ

高速に入る一個手前の交差点の、左折の車(右折なんかマジ無理よ)に前から順番にアタック!!

いきなり、コンコン、すみませーんみたいな感じなんでクソ怪しまれるのと、信号も変わるタイミング次第では後ろも車来てるんで、しっかり話して交渉する時間もなく、本当に大変です。

でも、一回車詰まってていっちゃったけど、交差点回ってもう一周してきてくれて、乗りなよ!!っていう神様パターンもありますw

 

 

ヒッチハイクのコツ

まず一番のコツというか、心得というか、これがないといくらコツを教えてもしょーがないのは、全員に話しかけてやる!くらいの気合!w

まじで結局これに勝てるもんはなくて、数いってれば絶対にそのうち優しい人います。

最初はドキドキするんですけど、本当に飛び込み営業とか、ナンパと同じですね。最初だけ!!

 

2,3回いっちゃえば、気持ちよくなってくるんで、関係なくなりますよ笑

 

 

けどまぁそれがコツっていうんじゃぁなんやねんって感じなんで、本当に簡単なことだけどちょっとだけあるとしたら

①笑顔で話しかける

②清潔感のある恰好(僕はボロボロのTシャツにきたねーリュックにサンダルでしたが・・・)

③丁寧な言葉使い

④相手の目を見て話す

⑤つかみをしっかり!ひと笑いとれるだけでそのあとの会話が全然違う!!

 

こんな感じなんだけど、いやこれはまじで営業と同じだね~w

 

人間の第一印象は0.6秒で視覚から入る情報によってその人の印象の7割決まるって言われてますけど、最初がすべてと言ってもいい!ニコニコしていこう

 

あと、どーゆー人に声かけるかなんだけど、自分の経験則でいうと、一番いいのは男性一人のドライバー、次が男性複数、、その次がカップルかな~女性人地とか、女性のみのドライバーは、ヒッチハイクする側が女性のみなら声もかけられるかもしれませんが、男性がいると警戒されますね。でもせっかくなんで声をかけてみるのはいいと思いますけどw

 

最近はトラックの運転手さんも、会社でトラックにかかってる保険が、第3者を乗せた場合に適用されないから会社から止められているというケースがあるらしいです。でも、やっぱトラックの運転手さんは結構乗せてくれる印象です。

 

一緒に友人は、冷凍車のドライバーに、座席がなければ冷凍庫に入れてください!!と自殺系のトークで乗せてもらおうとして、乗せてもらいました。(笑いをとりにいったわけじゃなくて本気で冷凍室に入ろうとしてました。夏だから大丈夫っしょ!と言ってましたw)

写真は冷凍室に入ろうとしたトラックw

 

ヒッチハイクは危険?危ない目にあわないように

僕は海外でも少しだけヒッチハイクをしたこともありますが、危険な目にあったことはありません。

 

でもこれは運がよかっただけかもしれないんで、注意しないといけないね

 

具体的には

①声をかけて、とんでもなく威圧的な人にはついていかない

②車ががっつりフルスモークで中の様子がまったくわからない車には声をかけない。

③雰囲気怪しい人には声かけない

④女性一人ではなるべくやめておく

 

まぁそりゃそうだろって感じですが笑

 

基本的に日本は法律的にはヒッチハイクは違法ではありません。でも海外では捕まってしまったりもするので、調べて自己責任でしましょう。

 

昔アフリカに行ったときにこんな看板を見つけました。

ヒッチハイク禁止の看板!!笑

 

免許取るときに、テストに出んのかな~

この標識があるところでしてはいけないことはなんでしょうか?

①指スマ

②ヒッチハイク

③指相撲

 

ヒッチハイクのメリット、デメリット

メリット

移動に金がかかんない

基本的にヒッチハイクってただで乗せてもらいます。なので、交通費一切無料!!うひょー!!ありがたや!!

 

知らない人と車内で話すことによってコミュニケーション能力が鍛えられる

普通、会って数分の人と、いきなり車内で数時間とか過ごすことってあまりないっすよね?始めはなにを話していいかもわからないかもしれませんが、まずは自分のことから話します。相手が問題なさそうなら相手のことを聞きます。初めは、どちらに行くんですか?なにしに?とかでいいと思いますし、会話が途切れないように迷惑じゃない範囲でいろいろ話題を考えたりしてると初対面の人への免疫がついてきます。

たまに、向こうが、悪いけどおれは話好きじゃないから、静かにしててくれ。って言う人もいましたけどw

 

ガツガツ声をかけることで、度胸がつく

これは、街中でキャッチやナンパ、飛び込みの営業なんかでもクソ役にたちます。もし断られてもおそらく一生会わない可能性が高いし、別になに思われたって、知らねー!!っていうマインドになってきたら、無敵モードです。

知らない人に声をかけることに慣れてくると、仕事でもいろんなものが売れたりするようになる気がします。

デメリット

まぁやりたくてやってるんだからデメリットなんかなんもないんですけど、あげるとするとです

 

観光地によれない

ヒッチハイクは細かい移動には向いていません。行きたい目的地とかがあったとして、そこにピンポイントで行く人を捕まえるのってめちゃめちゃ難易度があがるし、ほぼ運なので、あと3キロくらいなんだけど、国道の本筋から外れたところにある観光地!とかだとまじでいけないので、絶対にヒッチハイク以外乗らないと決めてる人は頑張って見つけるしかないですが、結局歩いたらもう着いてるなーってなりますw

 

旅の予定がざっくりしか予定がたてられない

ヒッチハイクは、当たり前ですが搭乗時間や到着時間がはっきり決まっているわけではありません。

どれくらいの時間で乗せてくれる人が見つかるか、どのくらいのスピードで運転するか、寄り道するかなどは自分では決められません。なので、全然到着時間が読めません。読めな過ぎて夜九時に鳥取砂丘についたときはもう砂漠で野宿しようとしてましたが、ミラクルが起きるもんで、そっから神戸まで乗せてもらったりしました。

 

慣れるまで、かなり精神力がいる。疲れる

これもまぁ当たり前なんだけど、結構疲れます。立ちっぱなしだし・・・でもやる気のときってかなりアドレナリン出て楽しくヒッチハイクできるんで、僕はあんまり疲れた記憶はありませんけど。。

まぁある意味では修行みたいな感じで、いい経験でしょ

 

 

ヒッチハイクをして感じたこと よかったこと

僕はヒッチハイクをしたことで、そのあとの人生に生きたことがたくさんありました。上記にあげた、営業力とか度胸がついたということももちろんあります。

 

でも、一番自分でよかったのは、「人のやさしさにたくさん触れられたこと」なのかなって思います。

 

車内が狭くなるのに詰めて乗せてくれたり、ご飯うちで食べていけばって言ってくれたり、スタートが東京駅だったんで、帰りも東京目指してるんですよ~って言ったら、川崎が自宅なのに東京駅まで送ってくれたり、わざわざ高速道路に乗ってくれたり、コーヒーをおごってくれたり、もうほんと書ききれないたくさんのやさしさをもらうことが出来ました。

 

これから、ヒッチハイクする人がもしいたら言いたいのは、ただで乗っけてもらって、無料だー!うぇーい!っていうんじゃなくて、少しでもなにかできないか?って考えること。

せっかく乗せてもらったんだから、車内のごみは降りるときに持って帰るとか、車内の雰囲気がよくなるように頑張るとか、相手はどうせ通る道なんだから、って言うんじゃなくて、乗せてくれている人は一人で考え事する時間や、友人との車内での会話などをできるはずの「時間」を払ってくれています。せっかくの縁なんだし、これを楽しいものにできる限りするのは乗せてもらった側の最低限の仕事だと思います。

そういう気持ちで乗せてもらえれば、本当に楽しいヒッチハイクが出来ると思うし、自分もすこーし成長できるのかなと思います。

クソ楽しいから若い人はやってみてどうぞ!!

 

若くない人も気持ちある人はチャレンジしてどうぞ!!今だったらキツかったら心折れてタクシー乗っちゃうかなーw

 

いっぱいあってキリないんだけど、ちょっとだけ当時の写真を・・・わけー!!w

あちなみに一緒の女の子は一人で沖縄から東京に行きたいって言って沖縄でヒッチハイクについてきました。誘拐してません。

 

翌年一人で鹿児島から北海道まで歩いていくという企画をやったぶっ飛び気味の子です。

 

乗せてくれた人に感謝をして、自分も次の人にやさしさをつなごう~

 

アクセス解析

   

 - 旅行