カワマンの不動産投資日記!!

サラリーマンが始める不動産投資

大富豪サラリーマンの教え / 大家MASAを読んでみた!!


こんにちは~

今日も元気に不動産!!

今回は久しぶりに本を読んでの感想です!!

 

ブログ始めて最初のほうはよくやってたんですけどね!!

 

最近本もちょこちょこ読んではいるんですけど、なかなかかいていませんでした!!

 

今回は、著者の大家MASAさんから献本いただいたので、宣伝がてらに書いていこうと思います!!

内容紹介

「ひとりコンツェルン」をつくることで、人生が一変する! 超エリートのサラリーマンでも、もはや安泰ではない。 いまやだれもが“プライベートカンパニー”が必要な時代だ。 サラリーマン時代に不動産投資などの事業に成功。 いまや10数社の法人を運営する著者が実践する、賢い資産形成術とは――。 いかに資金を貯めていくのか。いかにお金の流れをいかにうまく作っていくのか。 その秘密は、事業別に会社を分ける「ひとりコンツェルン」にあった。 10年以内に1億円の現金、最大で30億円の資産を得るための投資法と節税ノウハウの全て

※書籍より抜粋

 

著者

大家MASA

外資IT系企業のサラリーマンを10数年、勤務しながら不動産を買い進め、初めは個人属性で今話題のス〇ガ銀行の融資物件に傾きがあったりして、いろいろ失敗しながらも、一度物件を売却後、法人で買い進め現在は10以上の法人を所有し、数十億円規模の不動産を所有。数億円の純金融資産。複数からの収入基盤を築く。

大家MASAさんのブログ

 

実はこの方、僕と地元が一緒なんですよね。それでいろいろなご縁でなかよくさせていただいてるんですが、今回は本を出版されて、さらに新しいサービスの立ち上げをされています。本格始動は来年からみたいなんですが、末尾に少しだけ紹介をしておきます。

 

書評と感想

この本は、従来の不動産投資に対するテクニックやノウハウというよりも、不動産投資を含む様々な副業、投資を法人を有効活用していくことで、利益を残していく方法を大変わかりやすく書いています。

不動産を購入し、複数の法人を使い「ひとりコンツェルン」を作っていくことで賢く節税し、モノは法人へ、キャッシュは個人へ。という仕組み作りをうまく作ることによるサラリーマン向けの資産形成方法です。

具体的には

①現在のサラリーマンに安泰はない

これはどこでも最近よく耳にしますよね。特に、税金制度はこれからサラリーマンに厳しい時代に入っていくよっていう警告です。

②複数の法人(財布)を作ってそれぞれを細分化しよう

これには複数の理由があり、税負担の軽減、所得分散、経費の自由化、金融機関からの信用、相続対策、退職金受け取りなどです。これがそれぞれどういったことなのか詳しく書いてます

③富を生み出す準備と方法

タネ銭の作り方と貯め方

④実際に不動産投資をやってみる

ここからは不動産投資の種類や実際の運営まで、また不動産投資をやるにしても早い段階で法人化したほうがいい理由を細かく説明しています。わかりやすかったっすよ

⑤インターネットビジネスの活用と、経費の使い方

 

 

以上のような流れです。

 

全体的に、法人を作るメリットとその威力についてが大半になっていると思いますが、確かに、これから不動産を始めていく人にとっては、「法人を作る」というと、社長になってなんかすごいことのような気がしてしまうかもしれませんが、実際には作ったほうがなににおいても有利です。

 

自分も法人化したのは最初の物件を買ってから1年半ほど経過してからだったんですが、もっと早く作っていれば、融資面でも経費面でも、もう少しスピードアップして次のステップにいけてたんじゃないかなぁと感じています。

 

その点で、なぜ法人を?ということが細かく書かれているこの本は、すごく勉強になりました。

 

よかったらどうぞ

 

 

Kindle版はこちら↓

アクセス解析

   

 - 不動産投資本の書評