カワマンの不動産投資日記!!

サラリーマンが始める不動産投資

住宅ローンについて考える



不動産ランキングどうもこんにちは。

カワマンです。

今日のテーマは前回に引き続き、住宅を購入するか問題ですが、購入となった場合、ローンを組むことについての考え方です。

 

 

じゃぁちょっと住宅ローンのメリットとデメリットについてまとめてみようかと思います。

 

住宅ローンのメリット

レバレッジが効く

これは、自分の手元資金+借入金を組み合わせることによって、自己資金の収益率が高まることです。要するに、自分の元手に対して、テコの原理で大きな利回りを得ていく。ということですね。そもそも住宅ローンを投資として考えてはいない人も多いかもしれませんが、今の低金利時代、低金利で借りて、それ以上の利回りで運用できるものを買えばそれは収益になりますね。ただ、自分で住む場合は、売るまで直接的な利益はありません。その物件をもし賃貸に出したらいくらで貸せるのかを計算して、その家賃分の利回りで、という計算はできますね。

もちろん自己資金に対しての借入額が多くなったほうが、てこの作用も大きく働いて、レバレッジが大きく効きます。しかしその反面で、借入が増えると、金利上昇などのリスクもあがるのでそこはバランスも大事になってきますよね~

 

 

団体信用生命保険に加入できる

住宅ローンを使っての物件購入の場合、一般的に団体信用生命保険と言われるものに加入します。いわゆる「ダンシン」ってやつっすね。この保険は返済途中に債務者にもしものことがあった場合に、生命保険会社から保険金がおりて、ローンの残債が一気に免除されるというものです。残った家族は、その物件を無借金でそのまま手に入れることができます。ローン支払いもないので、手取り額も増えますし、もし別のところに引っ越したりする場合は売って当面の資金にすることもできますね。

 

家賃支払い額よりローン返済額のほうが安くすむ場合がある

これは、家賃いくらの家に何年すむか?

物件価格がいくらのものを金利何%期間何年で返済するか?

によっても変わってきますが、総支払額だけで見ると、金利上昇がなければ、ローン返済のほうが安く済む場合があります。

ただその分、簡単には引っ越せなかったり、維持管理費や固定資産税がかかったり、修繕費が発生したりということもあります。

年齢や、返済期間、物件価格やエリアによって様々です。

 

 

責任はもてませんw

 

住宅ローンのデメリット

金利があがる

今でこそ、この超低金利時代が長く続いてますけど、時代は繰り返します。一生今のままっていうのはありえません。

とすると、どっかで金利は上がります。フラット35とかだと違いますが、変動金利で組んでいる人は、ここが一番のリスクかもしれない。それ以外だと、そこに一生する覚悟があって、せっせと返済する気持ちがあれば、そこの価値が変わろうが、売らないならオッケーなわけで。一つ困るとしたら日本が鬼インフレになってしまったときは、大変ですけど、そしたら自分だけじゃないですし、気合いで乗り越えましょう

 

売却できない(値段が下がる)

これは、上記で述べた、「一生そこに住む」タイプの人には関係がないかもしれないですが、値段が下がって、残債が残ってて、思った局面で売却が出来ない可能性がありますね。残債考えたら、うりたくても売れないってことっすね。

投資物件も一緒だね。

3000万円で買った家、売ろうかと思ったら2500万でしか売れない。ローンが2700万残ってる・・・売却時の諸費用払って2300万しか残んないのに、残債の差額400万!払えねーよ!ってなったりするわけっすね。

 

まぁ、家買うってほんといろいろありますよね。現金でポーン!!と払えるくいらい金あったらいいっすね~

 

まぁ投資家の人たちは住宅ローンはあんま関係ないかとは思いますし、それくらいわかってることかと思いますが、今回は住宅ローンについてでした~

前回の記事はこちら

 

自分の住居。購入派?賃貸派?

 

 


不動産ランキング

アクセス解析

      2017/12/13

 - 住宅購入