カワマンの不動産投資日記!!

33歳旅人大家カワマンの特攻不動産!!

悪意の営業と善意の勧誘ってどっちが怖いと思う?

こんにちは

 

カワマンです。

 

以前にタイトルのような感じのツイートをしたら、結構な反響があって、最近いろいろ宗教についてとか調べていたらふと思い出したので自由に書いていこうと思う。

まず悪意の営業に関してはなにも言うことはないだろう。騙してやろう、もしくは自分の利益のためだけに、相手に不利益があるのをわかっていて、営業したり、勧誘したりしている場合。

 

これに関してはどうしよもないが、一定数いることだし、見極めをすればいいんだけど、問題なのは誘う側が善意の勧誘について

自分なりに善意の勧誘をしてくる人についての傾向と対策を考えてみた

 

善意の勧誘をしてくる人の思考回路

まず、善意の勧誘をしてくる人の頭ってどうなってるのかということから考えてみる

まず勧誘と言っても本当に多岐にわたるけど、自分にメリットがあろうとなかろうと、この「善意の人」たちは発生する。

一番の代表例は宗教かと思う。

宗教の教義として、信仰者を増やしていくことを熱心に説いているものもあったり、ノルマがあったりするものもあるが、多くは信者が自ら布教活動をしている場合が多い。

他には生命保険不動産の営業、ネットワークビジネスなんかもそう。

これ、生命保険とかネットワークビジネスは、自分への利益がしっかり入るんだから、善意じゃなくて自分のためでしょ?

だったら悪意なんじゃ?と思うんだけど違う。

 

ネットワークビジネスっていうのは一種の洗脳

集団で同じ空気を作り、頻繁に集会を行い、不気味にみんな同じようなリアクションをとる

絶対に一人では最初の説明会には来させず、紹介者が連れて行って一緒に聞くのがほとんどで・・・いや失礼

ネットワークビジネスの過程の話を書きたいんじゃなかった。

 

そういう人はどういう思考回路なのかなんですが

 

この人たちの根幹にあるものは

どうしてこんないいものをやらないの?(こんないいものに入らないの?)

なんですよね。こんなに素晴らしいものをやらないとあなたは損をする!(不幸になる!)

勧めてあげなければ自分はこの人を見捨てることになる!!!

という、とんでもねー思考に持ってかれているんすよ。

 

これって、教育と洗脳でできると思うんだよね。

宗教の場合は(もちろん世の中いい宗教もたくさんあるしなにを信心するも自由だと僕は思ってます)なにか弱っているときや嫌なことがあったときに、手を差しのべて、そのおかげで治ったとか、好転した、という流れが多い

これ、よかったらやってみて、きっとよくなるから。

弱ってるときはなにかにすがりたい。信じたい。信じて楽な気持ちになりたい。そして信仰する。

もちろん信じるものがあるっていうのはいいことだと思う。

自分も初詣には行くし。クリスマスとかハロウィンは自分にはどうでもいいけど。

営業の会社も同じ

知識がない新卒とか、よくわかってない保険のおばちゃんとかが、この生命保険の商品ほんとにいいんだから、入りなさいって

いやおばちゃんね、残念だけどたぶん俺のほうが生命保険詳しいんだよな・・・

 

生命保険に入らなくていい という発想をもった人種がいること自体がこの人たちって信じられないことであって

「保険は入るもの」「入って当たり前のもの」

と思ってるから

セールストークが、あなた家族のためを思わないの?とか

あなたはよくてもあなたの奥さんのために入りなさい!!ってこれを本気で言ってくる。

いやわかるんだけど、自分死んでも1億現金でありゃ別に保険なくても・・・って思うよね。

それを理解したうえで、この商品はここがいい。

運用するならこれがいい。掛け捨てなら最低限これがいい。

を説明してくれよ。

インベスターZで保険のおばちゃんの歴史から学んで来い!

 

強引さの度合い

ここでややこしいのが、意外と友人や身内だったりするほうが、営業や勧誘の引き際が深くて、しつこいこと。

相手にも迷惑だとか嫌がられるのわかってるけど、一応聞いてみようかな~って人はすぐ引く

普通の営業マンはこの人は買わないとわかったらよほど熱心なひとじゃなければ引く

ただ、相手のためを思ってこれは誘ってあげないとかわいそう!!ってなってる身内はまじで引かない

おれのためを思って言ってくれてるから

こんな迷惑な話はない

 

自分もそうなっていないかは自分ではわかりづらい

どこでこの思考回路やループに陥るかって、実際自分にはわかりづらいものなんですよね

 

こいつは頭が良くて信頼できるなって人だったのが久しぶりに連絡来て、飲みに行こうって

 

まぁおれすぐに飲み誘われたら行くんだけど、マルチの誘いとかね

本人気が付いてねーもん

 

自分がそっち側にならないようにするには結局対策はひとつしかないと思う。

利益不利益が出る話を身内や友人に持って行かない。これが基本。

まぁそれでもこれは絶対得っていう不動産とかはあるけどさ。

外から自分のことを見られなかったり、自分の見えてる範囲以外のことでもっと大きなことがあると考えられない人はハマりやすい

猛進しやすいというか客観視できないというか

 

友達がそうなってしまったらどうするべきか

 

どうするかね

大事な友達だったらやっぱりひっぱたくかな~

 

区分マンション!節税にもなるし!20年後は自分のものだぞ!月に2万円の支払いでいいんだぞ!!俺も買うからさ!!絶対これ買いだよ!お前だから言うんだよ!!

 

とか言って来たらそっこーで

刃牙並みの威力でぶっ飛ばすしか・・・もう方法はない。

 

目覚ませ!!!お前のやさしさはありがてーけどお前の道おかしいぞ!!そっち道ねーぞ!!死ぬぞ!!

 

つーことで止めましょう。それでも止まらなかったら、仕方ない

 

距離を置きましょう。

 

悲しいけど。

 

そんな善意の勧誘の恐ろしさを書いてみました。


人気ブログランキング 

アクセス解析

      2019/01/08

 - ニュース・トピック