カワマンの不動産投資日記!!

33歳旅人大家カワマンの特攻不動産!!

検索能力と質問の具体性の話①

こんにちは今日も元気に不動産!!

 

カワマンです。↓押しても押さなくてもどっちでもいいです


不動産投資ランキング

 

今日は検索能力と質問の具体性について思ったことがあったので書いていきます。

 

わからない分野に踏み出す時とか、普通に生きてる上でも、これってなんだろ?この言葉わからないなぁって疑問に思うことって結構あると思うの

 

でさ、それを他人に「聞くとき」と「聞く前」の話なんだけどね。

 

 

わかんないことは検索しよう

何言ってんの当たり前に全員やってるだろって思う人もいるかもしんないけどさ。

意外とちゃんと検索が出来る人って多くはないんじゃないかと思うのよ

今の時代調べるということのコストがクソ軽くなってるんだよね。答えがほとんどのことはネットに載ってるから。

無料で、しかも1秒で、欲しかったことの答えが出てくるわけじゃん

そんなもんみんなわかってるんだけど、新しいことや未知の分野に直面したときにこれが出来ない人って意外と多いんじゃないかなって感じてるんすよ。そのことについてあんま詳しくないからわかんない。ってやめちゃうのってめっちゃもったいないしただの思考停止なんじゃねーかなって

 

①問題がある

②調べる

③やってみる(調べて分からない部分は先駆者に聞く)

④問題が解決する

 

今の世の中、人類で自分が一番初めにやったことってたぶんほとんどないからさ、①~④までほとんどネットに出てる

不動産なんておもいっきり出てるじゃん。再現性わりとあるじゃん。

なんとなくなんだけど、これって僕の好きな一人旅にも似てる気がするんですよ。

①行きたい場所がある

②どんなところだかわからない。行き方もわからない

③調べる

④行ってみる

⑤現地で起こる問題は①~④を繰り返す

 

めっちゃ一緒じゃん。今はどこもWi-Fiがいってるからもっとやりやすいと思うけど、10年前とかなら地球の歩き方でメモするとか、現地で聞き込みするとか、もっと時間もかかるしローカルなやり方しかなかったんだけど、今ではすぐに答えがネットに出てて世界中ほとんどどこでもアクセスができるわけよ

 

そしたらもはや知識をもってる価値ってなに?って話になるよね。もちろん知識はあるに越したことはないんだけど、英語はしゃべらなくてもGoogle翻訳がやってくれるかもしれない。でも国語能力がない人はちゃんと翻訳してくれないから会話にならない。これも検索能力の一つじゃないかなって思うし。

だからさ、新しく始めることとか、問題が起きた時、興味あるフレーズで知らないことだったときとかはできればすぐに、ダメならメモして手が空いた時に検索するクセをつけたほうがいいと思う。じゃないといつまでも昭和で生きてるのと一緒だよ

検索できないと今後おいていかれるよね

問題についての検索であればあとはその知識をもってやるかどうか判断するだけ!

やると決まったらその瞬間から動くだけ!!

 

さて、今日はちょっとこの辺にします

 

検索する前に質問しちゃう人と、質問の内容がおおざっぱすぎて聞く気あんの?

な人についてはまた明日!!


不動産投資ランキング

 

アクセス解析

   

 - 投資マインド