カワマンの不動産投資日記!!

サラリーマンが始める不動産投資

他人と比較する意味



不動産投資ランキングこんにちは

 

今日も元気に不動産

 

先日の続きです。昨日の記事はこちら

人を応援できない人について

他人と比較することについて

 

これねー、不動産に限るのか知らないけど、投資家みたいな感じの人にすごい多いような気がするんだよね。

 

なんか、他の人より儲けたいとか、誰より優位だとかの気持ちが鬼のようにムンムンしてる人

 

いや、いいんすよ。儲ければ。けどそこに「他の人より」とか入ってくるのってよくわかんなくて

 

儲けること自体が目的として、楽しい人はそれを突き詰めたらいいんだけど、それ以外の人は自分の中で必要なお金が得られれば、それ以上ってどこまでいけば満足するのかな?って思うことがあって

 

比較ってのは対象があってこそ比較できるもんすよね。

 

たとえば、痩せてるっていうのはデブばっかの村だったら、その中で痩せてても全体で見たら小太りだろーし、町で一番足早いよ!!って言ったってオリンピックに出れるかって言ったらとんでもないことなわけじゃないですか。

 

勝ち負けがある業界とか、仕事の上でライバル物件に勝つ!とか、ライバル業者より売り上げを伸ばす!とかは目的としていいんですけど、あの人よりおれは稼いでるから安心とか、一生懸命日雇いで働いてる人はどうとか、わざわざ言う必要ってあんのかなー?って

 

大事なのって、あの人より稼いでるかどうかとか、あの人より働いてる時間が短いかじゃなくて、自分が幸せな気持ちで毎日を送れているかどうかとか、家族が将来楽しくいきていけるために準備できているかどうか、だと思うんすよね。

 

いくらまわりの人より稼いだって、長者番付に載るわけじゃないんだし、上には上がたくさんいるんだから、小さな世界で周りと一生懸命比較したりするよりも、自分が幸せな気持ちや時間を作ったり、すでにそうなら維持するために時間を使ったほうがいいよねって思うわけっすよ

 

というわけで、自分も、今後やりたくないことをやらなくてもいいために必要な分のお金はまだまだ足りないので、頑張りますわ

 

ではまた
不動産投資ランキング

アクセス解析

      2018/09/19

 - 投資マインド