カワマンの不動産投資日記!!

33歳旅人大家カワマンの特攻不動産!!

リノベるの業者枠セミナーの話を聞いてみた

こんにちは~

 

今日も元気に不動産

カワマンです。

 

昨年末に、「リノベる」という会社さんのパートナー企業の説明会に業者側として行ってみました。

自分の会社は不動産業もやってないですし、直接は関われないんですが、ちょっと仲間の人間で興味がある人がいて、興味あったので経由して連れてってもらいましたので、具体的な内容に関してはここですべてさらけだすことは控えますが、会社のことと感想を少しだけ

 

リノベるという会社

まず、リノベるってどんな会社なの?

2010年に設立し、当初は取締役二人がメインで立ち上げた会社みたいです。

 

めっちゃ簡単に僕の解釈で言うと

 

りのべる簡単に言うと

これから家買いたい30代~40代そこそこのみなさん!!

収入どんくらいありますか?最近の不動産価格高騰してて、マンションも戸建ても新築なんかバカ高くね?

けどさ、せっかく人生で一番の買い物になるかもしれないのに、築数十年の中古マンション買うの、イヤじゃね?

友達呼ぶのも微妙だよね、設備も昔のだし・・・大体間取りも古いやん

そこでよ!!築20~30年の築古物件をがっつりリノベーションして好きな間取りに変えちゃおうか!!

実際外見は微妙だけど中最高だったらよくない?好きな間取りだし!!

で!!新築よりも〇割安いのよ!!どっち選ぶんすか!!!

ですよね!中古をリノベですよね!!

 

さてじゃぁあなた物件探せます?

安く安心できる工務店探せます?

ローンちゃんと組めます?

 

出来ませんよね~!!!

ぃよっしゃ!!うちに任せてもらえたら、ワンストップで全部安心!!!

ちゃきちゃきっとやりますよ!!

まずは入会が10万円です!!のちにこの10万施工費に入るからね!!

 

以上です。

 

めっちゃわかりやすいと思います。

しかもこれ、需要はあるし、刺さる人にはすごくいいサービスだと思います。

実際、知識も経験もない人が、リノベーションって、できないっすよね。おれもできねー

 

それを、融資から物件探しから施工からやってくれるなら、だいぶありがたいと思います。

 

利益はどこで?

入会の10万円は最初に支払って、もし物件を買わなくても特例以外は返金されません。

①買う意思はあって説教的に探しているが希望エリアで物件が出てこず期間を過ぎた

②住宅ローンが通らなかった

 

などです。

けどこの10万でサポートワンストップはできません。

この会社の一番の利益ポイントはやはりリノベーションの施工の部分です。実際はここで指定の材料を使ったり、職人さんの人工をギリギリにして、利益をあげています。けど、それも含めて、注文した側が自分でできる範囲外のことならとてもいいサービスだと思います。

3分でわかる「リノベる。」YouTube

 

 

パートナー企業の募集とは?

さて、それでは提携業者はどこで登場するか?

実はこのリノベるという会社、宅建業を持っていないんですね。

なので、自社で不動産取引自体の仲介することはできません。

なので提携業者には

①仲介できる物件を持ってくる

②自社で買い取ってショールームにして、リノベるのお客さんに再販する

というプランのどちらかがメインです。

こまかくはもう少し種類があるんですがここでは割愛します。

 

実際これ、業者側にどの程度メリットがあるかなぁ?ってところなんだけど、まず向こうのアピールポイントとしては、うちの膨大な顧客リストがありますよ!!買い気の濃いお客さんに営業できれば効率的だしいいっしょ!!

ということと、エリアが絞れるということ。

あとは仕入れ値より高値で売れて、さらに仲介料もとれちゃうよ!!ってのが一番のところなんだけど

 

ここで一つ疑問が出る。

収益物件買うときにに営業マンに思うのと同じことなんだけど、そんなにおいしいんだったらなんで自分でで宅建業あげて自社で利益とらないのかな?ってところ

 

これ、考えたらただリスクヘッジを他者に回してるだけのようなきがして・・・

結局物件を所有するってことは相当なリスクなんだよね。

 

いざなんかあったときに身動きがとれなくなるリスクを他に投げてるんじゃないかなぁって

 

リノベる側は、顧客の利益が相反する可能性があって、うちは仲介業じゃないから、お客さんに変な物件売りつける心配はありませんよ~っていうトークが使いやすくなるとは思うんだけどね

ただこれって、自社で物件の仕入れを出来ないってことはよその仲介屋にある程度仕入れ面は頼らざるを得ないってことで、よその仲介屋はわざわざリノベる経由しなくても、自社でさばけるんならそうするだろうし、リノベーションして再販できるノウハウあるならそれこそ自社でやるだろうから、本当に売れ残り物件ばっかりまわってきちゃうんじゃないかなぁ

 

リノベるにそれをさせないほどのメリットを提供できるレベルの集客力があるっていう自信があるってことっすね。すごいわ

エンドユーザーの視点

エンドユーザーの視点で見てやっぱ気になるのは、旧耐震のマンションとかの場合って、給排水管の劣化とか、耐震性とか、目に見えない外部的な価値の低下のリスクってあると思うんだけど、そこはだいぶ判断難しいよなぁって

自室の問題だけでなくなると建物全体でのメンテナンス費用、つまり修繕積立金なんかがあとから上がって、当初の予定になかった費用がかかってくるなんてことがありえるのかなぁって

あとはどうしても資産価値の問題

売るときどうする?っていうのはどうしてもついて回る。というのは収益物件をやってるからの発想であって普通の人は終の住処として住宅ローンを組む人が多いのかもしれないけど、これからの時代家族構成や住む場所も多様化して行って、移り住んだり、単純に離婚したり、売る場面になったときに、自分の好きなようにリノベーションした家に、同じ金額の資産価値はつかず、ただ築古のちゅこ物件がそこに残るよね・・・とも思う

 

まぁ、考えられる問題点ばっかり記述してしまったんだけど、おそらくこのサービスに大満足な人はかなりの数いるはずで、トータルコーディネートとして新築よりかなり抑えることが出来て、望み通りの間取りにすることが出来たんであれば、全員がウィンウィンだとは思います。

不動産に同じものはないのと一緒で、リノベるにも成功失敗、いい社員いまいちな社員、いい職人悪い職人いるでしょうから、よく見極めが必要だとしか言えないですね。

 

最後にですが、不動産仲介業者は両者の利益が比例する場合もあるかもしれないですが、建築設計と、施工職人さんは、リノベるがそこで利益を出してる以上、注文ボリュームは一定数以上あるでしょうが単価としてはかなり安く請け負うことになると思うので、提携で乗っかるなら考えが必要かもしれないね

 

まとまりのない文章でごめんだけどお付き合いありがとう

 


不動産投資ランキング 

アクセス解析

      2019/01/06

 - リフォーム 内装 ステージング