カワマンの不動産投資日記!!

サラリーマンが始める不動産投資

新しいものを生み出す人と、すでにあるものを作る人の話


うぃーっす!!

 

かわまんですこんにちは

 

先日、ちょっと友達と飲んでいて、思ったことがあったので思うままにツラツラと書いていきます。

 

この前飲んでた友達っつーのが、漫画家なんすよ

 

ど素人からしたら絵描くのめっちゃうまいんだよね。昔から

 

で、今くらいの年になっててまだ頑張って好きなことやってて、かっこいいな~と思うんだけど。

 

ちょっとここで感じたこと違和感みたいなのがあって、なにかなーと思ったら、先日ちょっと身近な職人さんと話してて思った違和感に似てたんだよね。

 

画を描く能力と、ストーリーの流れを考えたり話をおもしろく持っていく能力っていうのはまた違ったもんだよな~ってこと

 

漫画でいうと、原作と、作画

 

これ、どっちもできる人は少ない。天才系。やれる人はやればいいけど。ピッチャーとバッターやってるおれ大谷、みたいなもん(ちょっと違うけど)

 

世の中やってる人には2種類タイプがいると思うんすよね。

 

なんか新たなものを作り出していくのが好きなタイプと、完成されているものを複数作っていくことや、さらに昇華させていくのが得意なタイプ

 

漫画の場合、話を考えたりしていくのは、原作が元々ある場合を除いてはその人が新しくストーリーを生み出して、そのイメージに乗っかって画を描く人がいる。

絵を描きながら、話を考えるのが超得意なクリエイター系の漫画家ももちろんいる。

でも絵描き自体の能力が高いだけの人や、描くこと自体が好きな人は、描くだけのことをやるべきなんすよ

 

そこで、最初に出てきた職人さんの話に戻るんだけど

言われた仕事をさっさと終わらせて、きちっとやれるとか、出来上がったものを作り出していくAタイプと

自分の理想の完成形や、美しいものを作りたくて、職人やってるBタイプ

後者は完全に新しいものを生み出したりすることが好きなクリエイトな人なんだよね。

この2つのタイプって、同じ職人さんでも全然違ってて

不動産の話で言うと、投資家が付き合うべき職人は、クリエイトな人ではなく、前者の淡々と注文をこなせるAタイプで、サボらない人

Aタイプの人は、基本的に金のために動くことが多いから、サボらない人を見つけるのは大変なんだけど、でも注文者がこことここをやってくれ、と注文して、「ほんとはここをこうしたほうがいいんだけどな~、自分の思い通りの作品にしたいなぁ」っていう人はやっぱりBタイプのクリエイトマンなんだと思うんですよ。

そういう気持ちが強い人は、とことんまで好きなことをするべきなのかな~って思って。

なにかを作り出すのが楽しい人は、人に言われたことをやるよりも、自分がこんなに美しいもの、素晴らしいものを作って、満足感が得られる人は、イヤイヤ頼まれてやるよりもそっちに時間能力全振りしたほうが本来はいいと思うんだよね。

 

まぁそんなひとばっかりじゃ世の中回らなくなるんだけど、大丈夫。

ちゃんとコツコツ言われたことやるほうが、自分で考えてなにかやるより全然楽じゃん、ていう人いっぱいいるから。むしろそっちのほうが多数派やから。

だから、クリエイティブなタイプの人は自分が思う「価値のあるもの」を作れることに対して価値観を持って、安売りせずに、これが私の売りです!!ってやっていけばいいと思うよね。

 

難しいけど。まぁ難しいから少数派なんだけど。

 

言いたいこと伝わってるかわからないけど、向き不向きっていうのがあって。

なんかを作り出す系の人は、言われたことをコツコツやったり、自分がやりたいこと以外での単純作業とか、意味を感じない作業って嫌いなんすよ。キライっていうか、できないんだよね。やればできる!っていうけど違う。自分が創造したものに醍醐味を感じる人は、そういう作業はできない。やらない。

逆に言うと、そういう、すでに仕上がっているものを製造するとか、同じ繰り返しとかが出来る人っていうのはそれに慣れちゃったりして、新しいものを生み出す能力がないんだよね。自分にそんなものはないと信じちゃってて動けない人もいるかもしれないけど。つまりお互いに、お互いのことはできないようになってるってこと。

 

なので、自分がなにか生み出すタイプの人は、人に言われて、出来たものを製造するようなことは辞めたほうがいい。

向いてないから。

違うところに勝負できるフィールドがあると思う。

そして、難しいのがこのクリエイトタイプの人には、完璧を求めたりする人が多くて、営業が得意ではない笑

当たり前、営業っていうのは出来上がった自社製品をマニュアルに沿って売っていく、Aタイプの人向けの仕事だから。

でも営業にもまたAタイプとBタイプがいて、営業のBタイプの人は勝手にマニュアル無視して、自分が売れるトークや人脈を作っていったりもする。

だから、ものは作る。売るのは任せる。宣伝も任せる。自分のフィールドじゃないことはやらない。時間の無駄

 

それぞれ役割がある。

自分がなにかを生み出していくBタイプの人なら、言われたことをじーっとやっているのは辞めたらいい。

新しくなにか作っていくほうが向いてるし、必死に頑張ってやる必要がない。作り出すのが本来楽しい人なんだから。

作ってればいい。

 

うまいことできてるよね。世の中。

 

ちょっと酔っぱらってて、言いたいことがちゃんと伝わったかどうかわかんないけど、漫画家の友達は、絵はうまいけど絶望的にアホで愛のあるやつなので頑張ってほしいという話であった。

 

そんな俺はAでもBでもないような、なんなのかわからない迷いの中を生きているCタイプの人です。

完全にどうでもいいはなしなんですけど、ウルトラマンってAタイプ、Bタイプ、Cタイプってあるの知ってました?

顔が違うんです・・・

 

まぁ本当にどうでもいいですね。ウルトラマン、かなりすきなんで。今度ウルトラマンの記事書こうかな

 

失礼しました。

 

ついでに押してください!!押してくれてもあなたに不利益はありません!!

頼まれると押したくなくなるよね人って。


不動産投資ランキング

アクセス解析

   

 - 関係ないこと